Direkt zum Inhalt

Direkt zur Navigation

Japanisches Kultur Institut

JKIニュースレター

JKIニュースレターのお申し込みはこちらから

シンポジウム /// 日本とドイツの家族政策―「ウィメノミクス」と「家族する」(ドゥーイング・ファミリー)

2015年1月9日(金)~10日(土) 

会場: デュッセルドルフ大学 Haus der Universität  /// 主催: ケルン日本文化会館、デュッセルドルフ大学、筑波大学

10月中旬より参加お申込みを受け付ける予定です。

企画趣旨
日本とドイツにおいて、「家族」というテーマが再び注目を集めている。
両国では急速に少子高齢化が進み、若年層の人口に比して65歳以上の占める割合が劇的に上昇している。また、出生率低下に伴い、ここ数年、人口はいわゆる現状維持水準を下回っている。人口減少については両国の政府レベルでも活発に議論されており、社会福祉を危機に晒すものとして位置づけられている。そして、滅び行く国とか、子供の作り方を忘れてしまったかのような社会、というようなシナリオが広まり始めている。仕事で成功することをめざして家庭をもたず、子供のいない女性の数は増加しており、このことが人口後退の根本的な要因であるとメディアでも取り沙汰されるようになっている。
企画趣旨全文 (PDF) /// プログラム・出席者案(予定) (PDF)

映画「Feinde / Brüder」×ディスカッション

2014年10月10日(金)19時

第一次世界大戦中、ドイツ人俘虜との交流があった徳島県板東俘虜収容所。その様子をドキュメンタリータッチで描いた映画「敵が友になるとき (Feinde / Brüder)」 (ブリギッテ・クラウゼ監督 / 2013年)を上映します。上映後、クラウゼ監督を交えたディスカッションを行います。 (ドイツ語のみ)

詳細はこちらです

「国別報告:日本」 出版記念イベント

2014年9月18日(木)18時

連邦政治教育センターでは、今年10月にゲーテ・インスティトゥートと共同で「国別報告:日本」を出版します。出版記念イベントではシュピーゲル誌のヴィーラント・ヴァーグナー元日本特派員の司会によるパネルディスカッションが行われ、日本の政治、経済、文化などについて執筆者陣と議論を行います。 (ドイツ語のみ)

詳細はこちらです