Direkt zum Inhalt

Direkt zur Navigation

Japanisches Kultur Institut

JKIニュースレター

JKIニュースレターのお申し込みはこちらから

「村上春樹」作品朗読会

2014年10月24日(金) 19時~

ドイツ語訳が出版された村上春樹氏著『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を、タケダリョウ氏の朗読と、武田牧子氏のピアノ演奏(フランツ・リストのピアノ独奏曲集「巡礼の年」)によりご紹介します。(ドイツ語)

詳細はこちらです

ギゼラ・ヤーン氏講演会「日本の陶芸」

2014年10月31日(金) 19時~

『日本の陶芸-20世紀における躍進』(仮訳)は、20世紀前半の日本の陶芸に焦点を充て、はじめてドイツ語で出版された書物。著者のギゼラ・ヤーン氏による書籍紹介と講演会を開催します。

詳細はこちらです

シンポジウム /// 日本とドイツの家族政策―「ウィメノミクス」と「家族する」(ドゥーイング・ファミリー)

2015年1月9日(金)~10日(土) 

会場: デュッセルドルフ大学 Haus der Universität  /// 主催: ケルン日本文化会館、デュッセルドルフ大学、筑波大学

10月中旬より参加お申込みを受け付ける予定です。

企画趣旨
日本とドイツにおいて、「家族」というテーマが再び注目を集めている。
両国では急速に少子高齢化が進み、若年層の人口に比して65歳以上の占める割合が劇的に上昇している。また、出生率低下に伴い、ここ数年、人口はいわゆる現状維持水準を下回っている。人口減少については両国の政府レベルでも活発に議論されており、社会福祉を危機に晒すものとして位置づけられている。そして、滅び行く国とか、子供の作り方を忘れてしまったかのような社会、というようなシナリオが広まり始めている。仕事で成功することをめざして家庭をもたず、子供のいない女性の数は増加しており、このことが人口後退の根本的な要因であるとメディアでも取り沙汰されるようになっている。
企画趣旨全文 (PDF) /// プログラム・出席者案(予定) (PDF)