Chôchikukyo © Furukawa Taizô

京都モダニズム建築展

2020年6月2日(火)~7月31日(金)

日本のモダニズム建築を発展させ京都にその足跡を残した3名の日本人建築家をパネル、模型、映像で紹介する展示。ル・コルビュジェの弟子として幾何学的で情感あふれた空間を実現し、ケルン日本文化会館の隣にある東アジア美術館の設計も行った前川國男、日本人の理想の生活様式を追求し続けた環境工学を専門とする藤井康二、欧州留学で影響を受け新しいデザインを日本に紹介した武田五一の3名が設計した京都のモダニズム建築を紹介します。

詳細はこちらです。(ドイツ語)