日独交流 160 周年記念「Rimpa feat. Manga」展

~ドイツ・ミュンヘン五大陸博物館にて開催~

2021 年 11 月 24 日(水)~2022 年 1 月 9 日(日)

 

国際交流基金(JF)は、日独交流 160 周年を記念し、ミュンヘンの五大陸博物館において「Rimpa feat. Manga」展を開催します。

日本美術の装飾的特質を代表する流派である琳派、江戸中期の天才絵師・若冲は、ともに国内外で高い人気を 誇り、現代のクリエイターにとっても芸術創造の源泉であり続けています。細見良行氏監修による本展覧会では、鉄腕ア トムやリラックマ、初音ミクといった人気のキャラクターが、琳派や若冲の名画の一場面に登場したり、モチーフの一部と入 れ替わったりするユニークな現代の日本画作品を紹介。これらの現代の日本画は、京都の呉服メーカーであり日本画の 工房でもある豊和堂によって制作されたもので、主役も背景もすべて絵師の巧みな筆技によって写し取られています。 また、本展では、細見美術館等のご厚意により、豊和堂作品の引用元となった琳派や若冲の名画を特別出品しま す。両作品の時空を超えた芸術的対話を通して、現代日本における伝統と創造の一つのあり方を紹介する展覧会です。

会場:ミュンヘン五大陸博物館
主催:国際交流基金(JF)、ミュンヘン五大陸博物館
監修:細見 良行
協力:細見美術館

詳細は、ミュンヘン五大陸博物館ホームページをご覧ください。